フランツ・カフカ「変身」

最近、ドイツの作家フランツ・カフカの小説を読みました。

彼の作品は非常に不可解な部分が多くて、謎も多いのですが、そこがまた非日常を感じられて魅力的だったりします。

読んだのは、1915年刊行「変身」です。

カフカの小説の中では、この作品が最も有名だと言われています。 物語をざっと書きます。

ある朝、主人公の青年グレゴール・ザムザが目覚めると、自分が得体の知れない虫になっていることに気づきます。

同居していた家族にも見つかってしまい、気持ち悪く思われ、自室に隔離されてしまいました。 やがてザムザは父親との小競り合いが原因で死んでしまい、家族はあまり悲しむ様子も見せず、また平和な日常が戻り、終わります。

かなり省略したあらすじですが、とにかく最初から最後まで不可解なのです。

「虫になった」といっても、具体的に何の虫なのかは書かれていないため、文中のちょっとした表現を頼りに、読者自身でその姿を想像しなければなりません。

ちなみに、その虫になったザムザがどのくらいの大きさなのかは、最後まで読んだけど分かりませんでした。

人間サイズなのか、それともその半分くらいの大きさなのか。

私の創造力が少ないせいかもしれません。

それにラストシーンで、いくら虫とはいえ、本来ザムザであることは事実なのに、彼が死んだ時に家族の誰も悲しまず、それどころか安堵するというのは、あまりにひどいのではないかと思わずにはいられませんでした。

結局ザムザは本来の自分に戻れず、虫のまま死んでしまうというのは、非常に不可解でした。

でもなぜか、また読みたくなる作品です。

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)